「サッカー」の記事一覧(2 / 4ページ目)

クリロナがユベントスへ?いいじゃない^^

サッカー

  クリロナのレアル退団は濃厚のようですね。 チャンピオンズリーグ3連覇もしましたし、次の目標へのモチベーションを保つのも大変でしょうね。 それよりも、新しい環境で目標をもった方が観ている方もワクワクしそうです。     クラシコでメッシとの対決はもう観れないかもしれませんが、もう十分戦ったと思います。 プレミアリーグ、エスパニョーラで頂点を極めてきたのですから、次は・・・

メッシを擁護するマラドーナが素敵な件

サッカー

  いよいよ2018年ワールドカップも中盤戦ですね。 スペインがポルトガルと引き分けたり、ブラジルがスイスと引き分けたり、今大会は波乱の幕開けとなりました。 そして、序盤戦でもっとも注目を集めたのがメッシ率いるアルゼンチンでしょう。 今回が初出場となるアイスラインドに引き分けるなど、厳しいスタートとなりました。     そんな中、主役のメッシはPKを失敗するなど戦犯扱・・・

西野監督のパス回しは、現地サポは怒るでしょうね

サッカー

  ワールドカップもいよいよグループリーグの結果がでました。 日本は何とか決勝トーナメントに滑り込み、2大会ぶりのベスト16となりました。 結果的は偉業でしょう。 数か月前に監督がかわり、そこからベスト16ですからね。 監督の手腕も素晴らしいと思います。     結局、結果がすべてですからね。 ただ、そのベスト16を決めた試合は賛否があるでしょう。 負けても、グループ・・・

【サッカー】交差点ハイタッチで殴られる

サッカー

  ワールドカップだけではなく、日本代表の試合になると必ず起こる現象「交差点ハイタッチ」。 渋谷でお馴染みの光景ですね。 良くも悪くも思いませんが、単純な交通人はめっちゃ迷惑でしょうね^^ そんな中、札幌すすきの交差点で「殴られる」事件が起きました。     証言によると、交差点でハイタッチをしようと思った男性に対して、殴られると思い、先に殴ったということです。 ん~・・・

ナイジェリア戦で倒れたマラドーナと中指立てについて

サッカー

  アルゼンチン、見事にグループリーグを突破しました。 いやー、今回のワールドカップは本当に何が起こるかわかりません。 ドイツが敗退ですからね。 そんな中、メッシ率いるアルゼンチンの英雄、マラドーナが話題です。 負ければグループリーグ敗退が決定するナイジェリア戦において応援しているマラドーナがちょくちょく写されていました。     メッシのゴールの時は相当興奮している・・・

アルゼンチンが内部分裂?アグエロが先発から外れる?

サッカー

  グループ敗退の可能性が高いアルゼンチン代表。 最後のワールドカップになるであろうメッシにとって、これはあまりにも悲劇です。 なかなか結果がでないチームですが、やはり戦犯扱いは監督とメッシに集中しています。 期待が大きい分、これはスターの宿命でしょう。 一時は代表を引退したメッシですが、再び戻りワールドカップ予選突破の原動力となりました。     そういった危機を乗・・・

ウルグアイ対ロシアでみえたスアレスの優しさ

サッカー

  ウルグアイとロシアのグループ頂上対決ですが、ウルグアイの圧勝でした。 まぁ、どちらもグループリーグ突破が決まっていたので消化試合という感じでしたね。 そんな中、好調のウルグアイは余裕の中からか、カバーニに得点を取らせようとみんなが意識しているようでした。 スアレスと2トップのカバーニですが、まだ得点はありませんでした。     絶好調なスアレスに対して、ちょっと暗・・・

「大迫半端ないって」の元祖はトータルテンボス?

サッカー

  ワールドカップでどんどん評価を得ている大迫選手。 もっとも注目されているのは「大迫半端ないって」という流行語です。 元ネタは高校時代のライバル学生が負けた悔しさに表した言葉です。 当時に映像をみると、本当に「大迫半端ないっ」て思いますね^^     そんな中、「半端ねぇ」でブレイクした芸人トータルテンボスもスポットライトを受けています。 デビュー当初から使っていま・・・

本田の敬礼ポーズはプレスラー永田裕志のマネ?

サッカー

  いやー、セネガル戦!興奮しましたね! 日本代表の底力を見せてもらいました。 こういった試合は本当に勇気をもらえますね。 「自分も頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。 そんな中、同点弾を決めた本田選手のパフォーマンスに注目が集まっています。 それは、岡崎選手と交わした「敬礼ポーズ」です。     敬礼ポーズといえば、ミスターIWGP永田裕志です。 恐らく本田選手・・・

なぜ本田圭佑にアンチが増えたのか?もはや老害?

サッカー

  コロンビアに勝利した日本代表ですが、後半に出場した本田圭佑選手に対して、ネット上では別の盛り上がりをみせています。 今回の炎上の論点は、 ・パスミスでピンチを招いた ・後半出場なのに走らない ・試合後のインタビューで不満を語る この3つでしょう。   特に重大なパスミスをしたのに「ミスの何が悪い?」と開き直るものだから、火に油を注ぎました。     また・・・

ページの先頭へ