US-122のドライバはVISTAまでとなっており、本当はWindows7には対応していません。

しかし、強引にインストールする方法がありますのでメモとして残しておきます。

まず、タスカムからドライバをダウンロードする。

ダウンロードしたファイルからインストールする。

エラー表示がでますが、一応ファイルは展開される。

でも、このままでは使えませんので手動でドライバをインストールさせます。

その方法は、まずパソコンとUS-122を繋げます。

しばらくしてから、コンピュータ→プロパティからデバイスマネージャーにいきます。

デバイスマネージャーに「不明なデバイス」として表示されているので、そこを右クックし「ドライバーソフトウェアの更新」をクリックします。

参照画面がでてくるので、US-122が展開された”c:\Program Files\US428\” を指定して完了です。

これでWindow7でもUS-122が利用できます。

めでたし♪めでたし♪